So-net無料ブログ作成
検索選択

規制の波か、過剰反応か…

知人の話になるんですが、先日、秋田県大館市の某トヨタ系軽自動車が主力のD社ディーラーに愛車の不調箇所を見てもらおうと伺ったそうです。

そしたら、車検対応品の社外LEDポジションバルブと、同様に車検対応品の社外HIDバルブを指して、
「当社では受け付けできません」と、頑なに拒否されたそうです。

もちろん知人も
「どちらも車検対応品で、実際この状態で車検も合格していますが、それでもダメなんですか?」と言ったそうなんですが、
「受け付できません」の一点張り。

結局、不調箇所はそのままで帰る羽目になったそうです。
 
ちょっと前、自分の愛車に違うモデルのパーツを取り付けたいと思って、前述のディーラーに行った知人がいました。
「そういう用途では販売できません」と、頑なに拒否されたそうです。
前述の、大館市の某トヨタ系軽自動車が主力のD社ディーラーでの話。

 
自分の事になりますが、オレは今までお世話になったディーラーはもちろん、パーツの取り寄せだけで伺ったディーラーや部品屋にも、これほど徹底的に拒否された事はありません。

大館の三菱ディーラーさんでは当時の愛車の整備解説書を購入したり、社外品満載でもちゃんと車検を通して頂きましたし、
大館のマツダディーラーさんでは、RX-7のパーツを流用の目的にも関わらず調べて頂いた上に購入できましたし、
ライフでお世話になってるホンダディーラーさんでは、同じホンダの純正部品とはいえ、パーツ品番だけでバイクのパーツも大量に取り寄せてもらっています。

 
そこで冒頭のディーラーの話ですが…恐ろしいですよね。
車検対応のLEDポジションバルブを取り付けただけで点検すら拒否!
点検すら拒否されるという事は、たとえそのディーラーで買った車でも、他店で少しでも変更しちゃったら、もはやそのディーラーで戻してもらう事もできない訳で…。

たとえ車検対応品でも、純正から変更されているとNG!との判断だとすれば、

 客「出先でパンクしちゃって、近くのスタンドで別のタイヤ買ったよ。」
 D「タイヤ外径が2mm狂っています。受け付けできません。」

とか、

 客「カー用品店でオイル交換したんだけど…」
 D「純正オイル以外を使用したエンジンは受け付けできません。」

挙げ句の果てには、

 客「駐車場で傷つけられちゃったよー」
 D「剥がれた塗装のぶん、車重が0.02g減っています。受け付けできません。」

なーんて言い出しそうな気がする。

 
一応、そこそこ近い事もあって、何度か自分や知人で見積もりに行っているんですが、そういう事情を知ってしまうともう行けなくなっちゃいますね…。
仕事柄、よく知り合いや友人からオススメの車やディーラーについて聞かれるんですが、今後はそのD社ディーラーだけは避けようと思います。

 
ムーヴとかコペンは個人的に好きだったんだけどなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。